2014年11月24日、中央大学多摩キャンパスの学部棟ロビー。LGBTに関心をもっていた学部1年生の2人が、思い立ってLGBTについて考えるサークルをたちあげました。

 当初は「中央大学セクシュアルマイノリティ研究サークル」と名付けたこの活動に、3人に増えたメンバーで「mimosa」という新しい名前をつけました。

 ミモザの花束をだれかに渡すとき、「あなたに出会って多様な価値観を知りました」という意味になるのだそう。

 LGBT=レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー。これらの言葉は年を追うごとにより広い範囲で知られるようになりました。しかし、性についての分類を考えるとき、もっと多くの言葉があります。

 そして、どんな言葉でも分けきれない多様な性のあり方があります。

 私たちmimosaは、生きるだれもが多様な性の当事者と考えて、どんな人でも多様な性について考えられるようなきっかけづくりをしています。

 さあ、いっしょにひとりひとり違っている多様な性について考えてみましょう。